Health and Beauty

記事一覧

高齢者の悩み

認知症を患うひとが増加していますが、アラキドン酸などのサプリメントを活用することで防ぐことができます。毎日の積み重ねが大切ですので、肉や魚が足りていないと感じている人こそ、サプリメントをぜひ試してみましょう。

リスクについて

年齢とともに脳の機能は衰えてきますので、認知症のリスクも高まってきます。予防はしっかりと行なっていきたいですが、認知症の予防に役立つ成分がバランスよく配合されているサプリメントも手軽に取り入れられる方法です。

サプリメントと認知症

健康志向が高まっていることで不足している栄養素を簡単に摂取することが出来るようにとサプリメントが販売されています。じつは販売されている栄養素のサプリメントが認知症対策に効果があるということが発覚されたのです。

効果的な栄養素を摂る

65歳以上の人によく見られる認知症ですが、認知症というのは病名ではなく記憶障害や知能障害のせいで生活に支障をきたす症状の総称です。高齢社会である日本では4人に1人が、性別で分けた場合には男性が55%で女性が66%も将来的には認知症になる恐れがあるという調査結果が出ています。ですが認知症は日頃から規則正しい生活を送ることや適度な運動と禁煙をすることで予防対策をすることが出来ます。またそれだけではなく最近では認知症を予防することが出来る栄養素というものがあり、これをサプリメントで気軽に摂取することが出来るためとても注目がされています。その栄養素には有名な水素やオメガ脂肪酸だけでなくジオスゲニンやプラズマローゲンやビタミンB1とB2が上げられています。またこれらに加えて低分子レシチンというものがあり、細胞膜成分であるレシチンが不足してしまうことで脳内神経伝達物質アセチルコリンの量が減少してしまいこのことで情報伝達が上手くいかず、これが記憶力の低下や物忘れなど認知症の原因になってしまいますので低分子レシチンはとても効果があるのです。低分子ではない医療用レシチンもあるのですがこれは1%のだけしか脳幹に届かずあまり効き目がありませんが、低分子レシチンの場合は10%も脳幹に届くので効果があるのです。そのため予防だけでなく認知症の進行を抑制することにも大変効果があります。それだけでなく悪玉コレステロールを捕まえる働きもあるので肝臓機能と高脂血症などの症状にも効果が発揮されます。

オススメリンク