高齢者の悩み

高齢化社会が進む中で、日ごろの努力で病気を招かないことが必要になっています。

日本は現在空前の高齢化社会を迎えています。高齢化社会が進んでいるなかで、特に増加しているのは独居老人です。65歳以上の方で、一人暮らしをされている方が年々増加しており、気が付かないうちに認知症などの病気が進行する場合があります。身近に親族がいる方は早めの対策が可能ですが、遠方であったりと独居の状態を伺う人がいない単身世帯も多いのが実情です。そこで、日ごろからご自身の毎日の生活で、認知症などの病気を招かない努力をすることが最善の策と言われています。特に未病に効果を示すのは「サプリメント」です。サプリメントは現在非常に多くの種類が販売されており、鉄分やビタミンなどを補うこともできますし、プエラリアのような新しい成分も存在します。

体と心の健康の維持が毎日をより充実させます。

このように様々な種類のサプリメントが存在する中で、話題になっている成分があります。それは「アラキドン酸」です。アラキドン酸はよく知られているDHAと同じジャンルの成分で、不飽和脂肪酸と呼ばれる脂肪酸の1つです。このアラキドン酸は、私たちの体内で生成できる成分ではないので、食事やサプリメントを利用して補う必要があります。アラキドン酸は肉や魚の脂に多く含まれているため、特に脂質の摂取を控えめになる高齢者には、サプリメントでの補給がおススメできます。アラキドン酸は認知症の予防はもちろんのこと、記憶力アップにも効果を示すという研究結果があります。一度認知症を患うと完治は非常に難しい病気ですので、日頃の生活にサプリメントを生かし病気を寄せ付けないようにしましょう。