サプリメントと認知症

記憶障害や知能障害といった生活に支障をきたす症状の総称を認知症といい、認知症は病名というわけではありません。認知症は高齢社会である日本では65歳以上の認知症前段階の人も含めて4人に1人が認知症になっていると調査結果が出ています。また性別で分けると男性で55%も女性だと66%が認知症になる恐れがあるということも言われています。しかし認知症は規則正しい生活や適度な運動や禁煙をすることで予防をすることが可能です。またこのことに加えて水素やオメガ脂肪酸やジオスゲニン、プラズマローゲンやビタミンB1・B2を取り入れることも予防対策であるとも言われています。しかし食事などからこれらを摂取するとなると相当な手間がかかり効率が悪いです。しかし最近では健康志向が昔よりも高くなっているということから栄養素を簡単に摂取することが出来るようにとサプリメントが販売されているのでこれら全ての成分をサプリメントで摂取することが出来ます。特に水素は認知症患者に与えてみたところ症状が軽くなったという調査結果が出ているのでとても効果的であるということが理解できます。しかしサプリメントもちゃんとしたものを摂取しないと効果は現れずお金をドブに捨ててしまうというようなことがありますので、サプリメントの購入をする時には口コミなどでサプリメントの評判を調べ、効果があるものを選んで購入をすることです。最近では良質なサプリメントのランキングサイトもありますのでこれを参考にするのも良いです。